過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16213問」を出題

問題

[ 設定等 ]




洗濯に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
血液などのタンパク質の汚れには、高温での洗濯が効果的である。
 2 . 
淡色のものを洗うときには、蛍光増白剤の入った洗剤を使用する。
 3 . 
洗剤は、多く使用すればするほど汚れがよく落ちる。
 4 . 
水洗いできるウール・絹には、液体酸素系漂白剤を用いる。
 5 . 
ドライクリーニングは、主に水溶性の汚れを落とすのに適している。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
51
評価しない
正解は 4 です。

液体酸素系漂白剤は弱酸性なので衣類を傷めにくく、ウールや絹といったデリケートな衣類にも使用する事が出来ます。
これらの衣類に塩素系漂白剤を使用すると、黄ばんでしまったり溶けてしまったりする場合もありますので、しみ抜きなどの部分的の使用も控えるようにします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
29
評価しない
1(×)血液などのタンパク質の汚れは見つけたらできるだけ早く水でしみぬきをすることで効果があります。
2(×)淡色のものに蛍光増白剤の入った洗剤を使用すると色落ちしてしまったように見えてしまいます。この場合、無蛍光洗剤が適しています。
3(×)洗剤を多く使用しても汚れの落ち具合は変わりません、また衣類に洗剤が残る原因にもなります。
4(○)
5(×)ドライクリーニングは水溶性ではなく、主に油溶性の汚れを落とすのに適しています。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は 4 です。

動物系の繊維製品には、弱酸性の液体酸素系漂白剤を使用します。


1.高温にすると逆に落ちない汚れに変化します。汚れがついたらすぐに水で汚れを落とし、弱アルカリ性の洗剤で洗うようにします。

2.淡色のものには無蛍光洗剤を使用します。

3.多ければよいというものではありません。逆に洗剤が衣類に残る可能性があります。

5.ドライクリーニングは油汚れを落とすのに適しています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。