過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 生活支援技術  過去問題 | 無料の試験問題

問題

Mさん(78歳、男性)は、一人暮らしをしている。糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy)があり、薬と食事でコントロールしている。毎夕食の配食サービスと週2回の生活援助の訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用しているが、配食サービスのメニューにたびたび不満をもらしている。ある日、訪問介護員(ホームヘルパー)が訪ねると、食事の外に菓子パンや和菓子などの空き袋が残っており、前日の薬をのみ忘れていた。
訪問介護員(ホームヘルパー)の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
「好きなものを食べたいですよね」と共感する。
 2 . 
「のみ忘れたお薬は、まとめてのみましょう」と服薬を促す。
 3 . 
「お菓子はだめですよ」と注意して、お菓子のカロリー相当分の主食を減らす。
 4 . 
「何がお好きですか」と尋ね、制限の範囲で好物を食事に取り入れる提案をする。
 5 . 
「もの忘れ外来に行きましょう」と受診を勧める。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
17

正解は 4 です。

この問題は1と迷った人もいるかもしれません。
声掛けとしては「好きなものを食べたいですよね」という共感の意を示す方法は決して間違っているとは言えません。
しかし食事で病状をコントロールする必要がある以上、介護士としてはそこで終わらず「好きなものを食べたいですよね。気持ちはよくわかりますが食事のコントロールはMさんの為に行っているんですよ」ときちんと諌めなければなりません。
しかし諌めるだけではMさんの不満は解消しませんし、また同じことを繰り返してしまう可能性も高いです。
そこで必要なのはMさんの不満に思う気持ちに寄り添いつつ、食事制限を継続する事と考えられる為、選択肢4が最も適切な対応だと言えます。

2014/08/25 14:59
ID : qxeqvpry
0

正解は4です。
Mさんの病状と服薬・食事のコントロールを行っているという状況からヘルパーとして、服薬と食事摂取の観察をし支援を行うことが大切です。
配食のメニューに不満があることと、食事以外にパンや菓子を食べている可能性があるため、④のように食事制限内で少しでも本人が満足できるような提案をすることが最も適していると考えられます。また少しでもMさんに服薬と食事制限が大切であるということを伝え対応していきたい場面です。

2016/04/06 00:24
ID : epcujbuen
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。