過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16216問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護老人福祉施設での終末期の事前の意思確認として、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  90歳を超えれば、事前の意思確認は必要ない。
2 .  本人が意思表示できれば、家族の意向は確認しない。
3 .  入所時の意思を尊重して変更しない。
4 .  介護職が、医療処置の範囲を説明して了解を得る。
5 .  確認した内容を書面にする。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
29
評価しない
正解は 5 です。

終末期の事前の意思確認は確認した内容を書面にしておく必要があります。
例えば心肺停止状態の時に出来るだけ蘇生措置をして欲しいのか、医療措置を加えないで欲しいのかなどの確認だけをとっても、入所しているすべての利用者の意思をスタッフ全員が正しく記憶しておく事は困難です。
きちんと書面に残っていれば、そのような場面に直面した時に、どんなスタッフでも利用者や家族の意向に沿った措置をとれます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は 5 です。

終末期の意思確認については書面に残しておくことが必要です。
本人の気持ちをしっかりと書面に残すという意味で大切な事であるとともに、トラブル防止のためにも必要なことです。

1.年齢は関係ありません。

2.本人だけでなく、家族の意向も確認することが必要です。

3.本人や家族の気持ちは病気の進行とともに変化します。その都度、確認をすることが必要です。

4.医療処置を行なうのは医師や看護師です。介護職が説明するのは適切ではありません。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は 5 です。

終末期・ターミナルケアとは、自身が最期をどのように迎えたいかという意思表示をしてもらものです。この選択をしてもらうのに年齢は関係ありません。
 家族の意思は本人の意思と合わせて確認しておく必要があります。また、家族、介護職員など誰が対応しても、その方のありたい最期が迎えられるよう書面に残し情報を共有しましょう
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。