過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16221問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護計画の立案に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
今までの生活習慣は考慮しない。
   2 .
実施方法は抽象的に表現する。
   3 .
介護職の意向を優先する。
   4 .
利用者と家族の意向を反映する。
   5 .
計画の見直しの時期は決めない。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 介護過程 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正解は 4 です。

「介護計画は誰の為に立案するのか」を考えるとおのずと答えは見えてきます。
利用者や家族がどういった生活をしたいのか、その為にどういった支援をすれば希望する生活がおくれるのかなど、具体的に利用者や家族主体の介護計画を立案し、定期的に評価をして見直す必要があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は 4 です。

介護計画は利用者・家族がよりよい生活を実現するために立案するものです。
1.× 今までの生活習慣も考慮し計画を立てます。
2.× 実施方法は具体的に表現します。
3.× 本人・家族の意向を優先します。
4.○
5.× 計画の実施期間や見直しの時期は決めておきます。また、状況の変化があった際はその都度見直します。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は 4 です。

介護計画の立案には、本人や家族の意向を取り入れなければなりません。

1.今までの生活習慣を考慮して計画を立てる必要があります。

2.抽象的ではなく、具体的な計画を立てなければなりません。

3.介護職の意向よりも、本人や家族の意向が優先されなければなりません。

5.計画の見直し時期は決めておく必要があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。