過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 介護過程  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護記録に関する記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
予測できることは事前に記録する。
 2 . 
家族の言動は記録しない。
 3 . 
介護職が判断した内容も記録する。
 4 . 
利用者の気持ちを憶測して記録する。
 5 . 
介護計画どおりに実施した場合は記録しない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
30

正解は 3 です。

介護記録は基本的に事実に基づいて記載されます。

例えば午後に入浴の予定がある人の記録に、午前中のうちから「今日は午後入浴されました」と記載してはいけません。
バイタルに問題があって入浴出来ない可能性もありますし、直前になって気分不快を訴えて入浴しない可能性もあるからです。

また利用者の気持ちを憶測して書く事はダメですが、言語障害などで自分の気持ちを伝えられない利用者の気持ちを推測した上で何か支援を行った場合は、介護職の判断として記載する事があります。

2014/08/29 13:56
ID : qxeqvpry
3

正解は 3 です。

介護記録は事実をそのまま記入します。その際、介護者の憶測や予測・主観はいりませんが、どう判断し介護(行動)したかは、あったことそのままを記入します。

2016/04/23 10:52
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。