介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第16222問 出題

問題

介護記録に関する記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
予測できることは事前に記録する。
 2 . 
家族の言動は記録しない。
 3 . 
介護職が判断した内容も記録する。
 4 . 
利用者の気持ちを憶測して記録する。
 5 . 
介護計画どおりに実施した場合は記録しない。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
34
評価しない
正解は 3 です。

介護記録は基本的に事実に基づいて記載されます。

例えば午後に入浴の予定がある人の記録に、午前中のうちから「今日は午後入浴されました」と記載してはいけません。
バイタルに問題があって入浴出来ない可能性もありますし、直前になって気分不快を訴えて入浴しない可能性もあるからです。

また利用者の気持ちを憶測して書く事はダメですが、言語障害などで自分の気持ちを伝えられない利用者の気持ちを推測した上で何か支援を行った場合は、介護職の判断として記載する事があります。
評価後のアイコン
2014/08/29 13:56
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は 3 です。

介護記録は事実をそのまま記入します。その際、介護者の憶測や予測・主観はいりませんが、どう判断し介護(行動)したかは、あったことそのままを記入します。
評価後のアイコン
2016/04/23 10:52
ID : jjmjtmfkja
評価する
1
評価しない
正解は 3 です。

介護記録には基本的に事実を記入します。
また、事実に基づく介護職の客観的な判断は記録するべできです。

1.介護記録は事実を記録するものの為、予測は記入してはいけません。

2.家族の言動も記録します。家族の言動は介護方針に大きく影響するものであり、大事な情報です。

4.憶測を記入してはいけません。

5.実施したという事実を残す必要があるため、記載しなければなりません。
評価後のアイコン
2017/05/08 05:29
ID : ppswxtvfob
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。