過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 介護過程  過去問題 | 無料の試験問題

問題

介護計画の評価に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
責任者は、介護支援専門員である。
 2 . 
短期目標は、評価の際の基準になる。
 3 . 
利用者と家族の意向は参考にしない。
 4 . 
決められた日以外に行うことはない。
 5 . 
結果を重視して、実践課程は評価しない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
19

正解は 2 です。

1:介護支援専門員(ケアマネージャー)は居宅サービス計画書の評価を行い、通所介護や訪問介護などの介護計画書の評価は行いません。

3:介護士が目標を達成したと思っていても、本人や家族は未達成と感じている場合もあるので、意向は確認するべきです。

4:状況が変化した、立てた計画に問題があるなどの時には臨機応変に評価をし、計画の見直しを行います。

5:結果も大切ですが、実践課程も同じように重要です。どのようにして達成をなしえたのかは、他の利用者への実践の際にも役立つことがあり、全体的なサービスの質の向上に繋がります。

2014/08/29 14:59
ID : qxeqvpry
1

正解は 2 です。

短期目標は実際に解決が可能と見込まれているものが記入されています。解決すべき課題や長期目標を段階的に対応、解決できるものが短期目標となっているため評価の際、基準となります。

2016/04/23 10:54
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。