過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 発達と老化の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

2010年(平成22年)の「国民生活基礎調査」で示されている、介護が必要となった主な原因として、最も多いものを1つ選びなさい。

 1 . 
心疾患(heart disease)
 2 . 
呼吸器疾患(respiratory disease)
 3 . 
骨折(fracture)・転倒
 4 . 
脳血管疾患(cerebrovascular disease)
 5 . 
認知症(dementia)
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
53

正解は 4 です。

介護を必要とするきっかけは圧倒的に脳血管障害が多いです。
これは脳こうそくなどを起こした後、片麻痺や言語障害などの様々な障害が出るからと推測されます。

2014/09/01 13:49
ID : qxeqvpry
3

④(○)脳血管疾患は脳細胞に障害をうける病気であり、治療をうけても何らかの後遺症が残ることが多いと言われています。
後遺症の程度によって介護を要し、介護が必要となる原因として最も多くみられています。

2016/05/03 18:40
ID : epcujbuen
3

正解は 4 です。

介護が必要となった主な原因は、要介護者では「脳血管疾患(脳卒中)」が24.1%で最も多く、次いで認知症が20.5%となっています。

2016/04/23 11:04
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。