介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第16230問 出題

問題

肝疾患(liver disease)に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
A型肝炎(hepatitis A)は、輸血後に発症することが多い。
 2 . 
B型肝炎(hepatitis B)は、慢性肝炎(chronic hepatitis)になることはない。
 3 . 
C型肝炎(hepatitis C)は、進行すると、肝硬変(liver cirrhosis)、肝がん(liver cancer)へと病態が変化していくことが多い。
 4 . 
E型肝炎(hepatitis E)は、日本国内のウイルス肝炎(viral hepatitis)の大部分を占める。
 5 . 
アルコール性肝障害(alcoholic liver injury)は、肝硬変(liver cirrhosis)に進行することはない。
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
35
評価しない
正解は 3 です。

1:A型肝炎は、糞便を介した経口感染がほとんどです。輸血による感染・発症が多いのは、B型肝炎とC型肝炎です。

2:B型肝炎は自然治癒する可能性が約95%と高いですが、逆に残り5%は持続感染となり、そのうち約10%が慢性肝炎を引き起こします。

4:E型肝炎はまだ国内ではほとんど発生していません。日本国内におけるウイルス肝炎はC型次いでB型が多いとされています。

5:アルコール性肝障害は「アルコール性脂肪肝」→「アルコール性肝炎」→「アルコール性肝硬変」の順に進行します。
評価後のアイコン
2014/09/01 14:11
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は 3 です。

1.× A型肝炎は経口的に感染するため、流行性肝炎とも言われています。

2.× B型肝炎は血液や体液を介して感染します。数ヶ月で完治する「一過性」と慢性肝炎に移行し、肝硬変や肝がんを発症する「持続性」とがあります。

3.○

4.× 主に衛生状態の悪い地域(国)で多くみられ、先進国ではあまり発症しないといわれていますが、近年発症数は増えています。日本ではB型、C型肝炎が多いとされています。

5.× 長期に大量飲酒を続けているとアルコール性肝線維症、アルコール性肝硬変になることがあります。
評価後のアイコン
2016/04/23 11:08
ID : jjmjtmfkja
評価する
4
評価しない
正解は3です。

C型肝炎はC型肝炎ウイルスの感染によって起こる病気です。血液を介して感染するため、感染者の血液に直接触れるようなことがなければC型肝炎になる恐れはありません。
進行すると、慢性肝炎、肝硬変、肝がんへと病態が変化していくことが多いと言われています。
評価後のアイコン
2016/05/03 18:58
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。