介護福祉士国家試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

介護福祉士の過去問 第16236問 出題

問題

Cさん(66歳、女性)は、レビー小体型認知症(dementia with Levy bodies)を発症して、介護老人福祉施設に入所することになった。喫煙歴や高血圧症(hypertension)、糖尿病(diabetes mellitus)、脂質異常症(dyslipidemia)の既往はない。
入所中のCさんに認められる状態として、最も可能性の高いものを1つ選びなさい。
 1 . 
施設内で、迷子になったり徘徊したりする。
 2 . 
他の入所者のものを盗んだり、人に迷惑をかけたりする。
 3 . 
日常の動作が遅くなったり、転倒したりする。
 4 . 
四肢に麻痺が出現する。
 5 . 
舞踏病様運動が出現する。

この介護福祉士 過去問の解説(3件)

評価する
58
評価しない
正解は 3 です。

レビー小体型認知症は「認知症」と称されていますが実際はパーキンソン病に近い症状が現れます。
アルツハイマー型認知症の主な症状は記憶障害ですが、レビー小体型認知症では記憶障害は比較的軽く、幻覚や妄想といった症状にパーキンソン病のような運動障害が起こるのが特徴です。
評価後のアイコン
2014/09/02 14:39
ID : qxeqvpry
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は 3 です。

レビー小体型認知症の症状として、幻覚や筋肉硬直などが見られます。パーキンソン病にもレビー小体が出現するといわれており、似たような症状がでます。筋肉硬直などから、日常の動作が遅くなり転倒が考えられます。四肢麻痺は末期に起こりやすいといわれています。
評価後のアイコン
2016/04/23 11:13
ID : jjmjtmfkja
評価する
9
評価しない
正解は3です。
レビー小体型認知症が発症すると初期には幻視がみられ、次第に手の震え・筋肉のこわばり・体のバランスが取りにくくなるなどの症状がみられます。
また歩行時には、歩き出す一歩が出難くなったり、歩幅が狭くなることもみられます。
これらのことから、cさんには日常の動作の遅れや転倒の可能性が高くなります。
評価後のアイコン
2016/05/10 20:37
ID : epcujbuen
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。