過去問.com

介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 認知症の理解  過去問題 | 無料の試験問題

問題

認知症(dementia)の行動・心理症状(B P S D)の説明として、最も適切なものを1つ選びなさい。

 1 . 
傘立ての傘を人間と間違えるのは、幻視である。
 2 . 
感情を抑えられないのは、感情失禁である。
 3 . 
食欲が異常に亢進するのは、異食である。
 4 . 
夕方になると傾眠状態になるのは、夕暮れ症候群である。
 5 . 
目的もなくあちこち歩くのは、常同行動である。
この問題の解説(3件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
32

正解は 2 です。

1:幻視とは実際には見えないものが見える事を指しますので、この場合は「錯覚」の方が正しいです。

3:異食とは、普通に考えて食べ物ではないもの(紙やビニール袋など)を食べてしまう事を言います。この場合は「過食」と言います。

4:夕暮れ症候群とは、夕方になると落ち着きがなくなったり、自宅に帰ろうとして(その場が自宅であったとしても)徘徊したりする事を言います。夕方に傾眠状態になるのは、睡眠不足症候群や睡眠相前進症候群などが考えられます。

5:常同行動とは、同じところを行ったり来たりしたり、クルクル回り続けたりと、同じ行動を繰り返す事を言います。主に自閉症の人に多く見られる行動です。目的もなくあちこち歩くのは「徘徊」と言います。

2014/09/04 13:58
ID : qxeqvpry
3

正解は2です。

感情失禁とは、感情が抑えられず、ささいな事で怒ったり喜んだり涙を流したりしてしまう事です。
これは脳血管性の認知症でみられると言われています。

2016/05/03 19:15
ID : epcujbuen
0

正解は 2 です。

1.× 「幻視」とは現実には存在しないものが見えたり信じていたりするもので、「傘たての傘が人間と間違える」は「錯覚」です。

2.○

3.× 異食とは食べれないものを口に入れることです。

4.× 夕暮れ症候群とは、室内・屋外を歩き回る、夕方によく起こる徘徊のことを言います。

5.× 常同行動とは、同じ行動や行為を目的もなく繰り返すことをいいます。この場合は「徘徊」です。

2016/04/23 11:27
ID : jjmjtmfkja
border line
介護福祉士国家試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。