過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第16240問」を出題

問題

[ 設定等 ]




認知症(dementia)の行動・心理症状(B P S D)の説明として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
傘立ての傘を人間と間違えるのは、幻視である。
 2 . 
感情を抑えられないのは、感情失禁である。
 3 . 
食欲が異常に亢進するのは、異食である。
 4 . 
夕方になると傾眠状態になるのは、夕暮れ症候群である。
 5 . 
目的もなくあちこち歩くのは、常同行動である。
( 介護福祉士国家試験 第26回(平成25年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
53
評価しない
正解は 2 です。

1:幻視とは実際には見えないものが見える事を指しますので、この場合は「錯覚」の方が正しいです。

3:異食とは、普通に考えて食べ物ではないもの(紙やビニール袋など)を食べてしまう事を言います。この場合は「過食」と言います。

4:夕暮れ症候群とは、夕方になると落ち着きがなくなったり、自宅に帰ろうとして(その場が自宅であったとしても)徘徊したりする事を言います。夕方に傾眠状態になるのは、睡眠不足症候群や睡眠相前進症候群などが考えられます。

5:常同行動とは、同じところを行ったり来たりしたり、クルクル回り続けたりと、同じ行動を繰り返す事を言います。主に自閉症の人に多く見られる行動です。目的もなくあちこち歩くのは「徘徊」と言います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は2です。

感情失禁とは、感情が抑えられず、ささいな事で怒ったり喜んだり涙を流したりしてしまう事です。
これは脳血管性の認知症でみられると言われています。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は 2 です。

1.× 「幻視」とは現実には存在しないものが見えたり信じていたりするもので、「傘たての傘が人間と間違える」は「錯覚」です。

2.○

3.× 異食とは食べれないものを口に入れることです。

4.× 夕暮れ症候群とは、室内・屋外を歩き回る、夕方によく起こる徘徊のことを言います。

5.× 常同行動とは、同じ行動や行為を目的もなく繰り返すことをいいます。この場合は「徘徊」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。