過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17247問」を出題

問題

[ 設定等 ]




権利擁護に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
法定後見開始の申立てができるのは、利用者本人とその配偶者に限られている。
 2 . 
任意後見制度では、利用者本人による任意後見人の選定を認めている。
 3 . 
日常生活自立支援事業の対象者は、認知症高齢者で判断能力が不十分な者に限られている。
 4 . 
日常生活自立支援事業では、公共料金の支払いの支援は対象から除かれている。
 5 . 
映像や音声の情報は、医療・介護関係事業者の個人情報保護の対象ではない。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) 社会の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
44
評価しない
正解は 2 です。

1:法定後見開始の申し立ては、基本的に利用者本人とその配偶者、四親等以内の親族が行うことができます。ただしこれらの親族がいない、虐待を受けているなどという場合には、市町村長が申し立てます。

3:日常生活自立支援事業は、判断能力が不十分な者を対象としていますが、認知症高齢者と限定されてはいません。精神障害者や知的障害者なども含まれます。

4:日常的金銭管理サービスの一つとして支援を受けられます。

5:個人情報とは、生存する個人の情報で、特定の個人を識別できる情報を指します。映像や音声からも個人を識別することが可能なため、個人情報保護の対象となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
20
評価しない
正解は2です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1→本人と配偶者以外に、親や子などの直系親族、兄弟姉妹にも認められています。

3→認知症高齢者のほか、知的障害者、精神障害者も含まれています。

4→公共料金の支払いは日常生活費の管理に含まれます。

5→個人が特定できるものは個人情報保護の対象です。

評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は 2 です。

任意後見制度は、判断能力が不十分になったときのことを考えて、あらかじめ後見人や内容を決めておく制度です。
本人が任意後見人を選任することができます。

1.利用者と配偶者、四親等までの家族が行なうことができます。

3.認知症だけでなく、知的障害者や精神障害者も対象者となります。

4.公共料金の支払いは日常生活費の管理に含まれており、支援対象となります。

5.情報の形態に関係なく個人を特定できるものは、個人情報の対象です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。