過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17253問」を出題

問題

Dさん(42歳、男性)は、営業の仕事をしていた。休日に趣味のサイクリングの最中、交通事故に遭った。脊髄を損傷し、対麻痺の状態になり、車いすで移動する生活になった。

Dさんに関する次の記述のうち、ICF(International Classification of Functioning ,Disability and Health : 国際生活機能分類)における「心身機能・身体構造」と「活動」の関係を示すものとして、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
移動に車いすを使う生活になり、退職することになった。
 2 . 
上肢は自由に動かせる状態であり、車いすで移動できるようになった。
 3 . 
玄関の周りをバリアフリーにすることで、一人で外出できるようになった。
 4 . 
サイクリングの楽しさを忘れられず、車いすマラソンに取り組む準備を始めた。
 5 . 
脊髄損傷のために、排尿コントロールが困難になった。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(3件)

評価する
63
評価しない
正解は 2 です。

ICFやICIDHは毎年何らかの形で必ず出題される頻出問題です。介護に携わっていく上でも重要な考え方ですので、ただ覚えるのではなくしっかりと理解しておきましょう。
以下に各選択肢の内容が何に当たるのかを記しておきますので、参考にしてください。

1:移動に車いすを使う生活…『環境因子』、退職…『参加制約』

2:上肢は自由に動かせる…『心身機能・身体構造』、車いすで移動できる…『活動』

3:玄関の周りをバリアフリー…『環境因子』、一人で外出できる…『活動』

4:サイクリングの楽しさを忘れられない…『個人因子』、車いすマラソンに取り組む準備を始めた…『参加』

5:脊髄損傷…『健康状態』、排尿コントロールが困難…『心身機能・身体構造』
評価後のアイコン
2015/05/07 13:38
ID : qxeqvpry
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
24
評価しない
正解は2です。

ICFの特長は

①障害を個人と環境の相互の関係としてみること

②できないというマイナスの面だけでなくプラス面も重視

③心身機能回復、活動や参加機能の向上、環境調整のバランスによる包括的対処

です。

選択肢のうち、プラスで捉えられているものは2.3.4ですが、3はバリアフリーという環境、4は車いすマラソンに対する意欲という参加機能に分類されます。設問にある「心身機能・身体構造」と「活動」を表しているのは2だけです。

評価後のアイコン
2015/04/28 09:14
ID : wpoxudbb
評価する
6
評価しない
正解は 2 です。

上肢が自由に動かせるという点が「心身機能・身体構造」の評価にあたり、車椅子で移動できるようになったという点が「活動」の評価にあたります。

1.移動が車椅子は「活動」、退職は「参加」に関する評価になります。

3.バリアフリーは「環境因子」、1人で外出できるようになったことは「活動」の評価になります。

4.サイクリングの楽しさを忘れられないことは「個人因子」、車椅子マラソンは「参加」の評価になります。

5.脊髄損傷によって排尿コントロールが困難になったことは「心身機能・身体構造」の評価になります。
評価後のアイコン
2017/04/30 19:54
ID : ppswxtvfob
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。