過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第17299問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Fさん(74歳、男性、要介護3)は、長女(45歳)とその息子(15歳)の3人で暮らしている。
Fさんは10年前、パーキンソン病(Parkinson disease)と診断された。ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)全般に、動作がゆっくりで時間がかかる。Fさんは大柄だが、長女は小柄でやせており、入浴介助が難しい。訪問介護(ホームヘルプサービス)を週3回(入浴介助、長女が留守の時の調理)、通所リハビリテーションを週1回、配食サービスを週1回利用している。居宅介護サービス計画の方針は、Fさんの体調に考慮しながら、住み慣れた自宅で安心して暮らせるように支援することである。ある日、長女から「お弁当を食べていないことが時々ある」「お父さんが重くて腰が痛い」「そろそろ施設入所を考えている」と話があった。
訪問介護員(ホームヘルパー)はFさんの声が小さく、言葉がはっきりせず聞き取りにくくなったと感じている。

訪問介護員(ホームヘルパー)は、居宅介護サービス計画の変更を提案したいと考えている。
Fさんの主観的情報を得る方法として、正しいものを1つ選びなさい。
1 .  体重を測定する。
2 .  Fさんの考えを聞く。
3 .  食事摂取量を確認する。
4 .  表情から気持ちを推測する。
5 .  長女に息子の協力の有無を聞く。
( 介護福祉士国家試験 第27回(平成26年度) 介護過程 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
27
評価しない
正解は 2 です。

主観的情報とは、本人の訴えや意見を指します。
また家族からの訴えや意見も主観的情報に含まれます。

逆に客観的情報とは、体重・体温・脈といった数値で表された情報や、発汗・便秘・失禁といった事実を指します。

このことから情報の種類が下記のように分類され、正解が導き出されます。

(2)は主観的情報
(1)(3)(5)は客観的情報
(4)は訪問介護員の主観的情報
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は”2”です。

情報には、「主観的情報」と「客観的情報」があります。
主観的情報とは、利用者自身の考え方や問題の捉え方です。
客観的情報とは、他者が観察することによって得るられるものです。心身の状態観察や石の診断・バイタルチェックなどのデータや記録管理、家族や他職種からの情報となります。

1×:客観的情報です。

2○:主観的情報です。

3×:客観的情報です。

4×:「表情を観察する」ことであり、客観的情報です。

5×:客観的情報です。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
正解は2です。

「主観的情報」とは、本人自身によって表現された感情、意見のことをいいます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。