過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24178問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




利用者の自己決定に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
支援者は、利用者の自己決定に対する働きかけを行ってはならない。
 2 . 
援助を受けている利用者は、自己決定を行うことができない。
 3 . 
判断能力が低い利用者の場合、家族の意向を優先して決定する。
 4 . 
利用者はエンパワメントアプローチ(empowerment approach)をされることで、自己決定能力が高まる。
 5 . 
自己決定には、責任能力の有無が条件となる。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 介護の基本 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
25
評価しない
正解は 4 です。

「エンパワメントアプローチ」とは
利用者の持っている力に着目し、その力を引き出して積極的に利用・援助することをいいます。

自己決定の原則、「利用者自身の人格を尊重する」という理念に基づくものです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
解答 4

エンパワメントとは、個人が自分の自信や信頼を回復し、身体的・心理的な力を主体的に獲得していくことをいいます。エンパワメントアプローチをされることで、自信を回復し、自己決定できるようになります。

1 支援者は利用者が自己決定できるように支援します。

2 利用者の自己決定が尊重されます。

3 利用者主体で考えられます。

5 自己決定の責任能力の有無は条件とはなりません。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は4です。

エンパワメントアプローチは、利用者が持っている能力に着目し、その力を引き出すようにアプローチすることを言います。
出来ることを引き出すことで、自己決定能力は向上します。

1.働きかけを行なわなければ、利用者の考えを理解することは出来ません。

2.適切な援助があれば、行なうことが出来ます。

3.本人の意向が一番に優先されるべきです。

5.責任能力の有無は関係ありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。