過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24180問」を出題

問題

[ 設定等 ]
利用者がその人らしい生活を実現できるように、介護福祉職が把握すべき情報として、最も優先順位が高いものを1つ選びなさい。
1 .  利用者の所有する不動産の種類や価値
2 .  改訂長谷川式簡易知能評価スケールの得点
3 .  既往症
4 .  最近1年間の体重変化
5 .  これまでの生活環境と生活習慣
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
正解は5です。

設問内の「その人らしい」という言葉が大きなヒントになっています。
生活習慣や生活環境を知ることで、その人らしい生活がイメージでき、援助に活かす事が出来ます。

1.不動産の種類や価値を、介護福祉士が把握する必要はありません。

2.認知症スケールの得点から、その人らしさはわかりません。

3.4.把握は必要ですが、最優先とは言えません。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
解答 5

その人らしい生活の実現のためには、その人の今までの生活スタイルや環境、習慣を把握することが大切です。その中でその人の価値観や性格などの情報を集めていきます。

1 その人の経済状況の把握になります。
2 認知症の有無や程度の情報になります。
3.4 既往歴を知ることは、身体状態の把握になり、介護をするうえで重要なことですが、「その人らしい生活の実現」のための情報の優先順位としては最重要事項にはなりかねます。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は 5 です。

「その人らしい生活を実現」のために、利用者の生活環境・生活習慣を把握しておくことは重要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。