過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24185問」を出題

問題

[ 設定等 ]
施設での介護のあり方に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
利用者の羞恥心に配慮した介護を行う。
   2 .
親しみを込めて、利用者を愛称で呼ぶ。
   3 .
多床室では、介護福祉職の目が行き届くように、カーテンは開けておく。
   4 .
入室するときは、日常的なことなので、ノックや声かけをしなくてもよい。
   5 .
医師から利用者に関する情報の提供を求められても、それがどんな理由であっても応じないようにする。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
正解は 1 です。

人は誰にでも羞恥心はあるものです。利用者の気持ちを大切にし、羞恥心に配慮した介護を行うことが望ましいです。

2、「〇〇ちゃん」など愛称で呼ぶことで、ご家族の方等とトラブルの原因にもなりかねます。
3、利用者のプライバシー保護のためにも、カーテンを必ずしも開けなくても良いです。
4、ノックや声掛けは必ず行うのが望ましいです。
5、健康管理の把握のためにも、医師には情報提供をしてもよいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は1です。

羞恥心への配慮を忘れてはいけません。利用者の尊厳を大きく傷つけることにつながります。

2.人生の大先輩に対して失礼な行為です。

3.プライバシーへの配慮から、基本的にカーテンは閉めるべきです。

4.プライバシーへの配慮から、ノックや声かけは必要です。

5.医師への情報提供を拒否するなどあり得ない行為です。

評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
解答 1

 羞恥心に配慮した介護をします。着替えや排せつ時はもちろん、声のかけ方や態度にも配慮しましょう。

2 利用者さんへの敬意を払いましょう。

3 利用者さんの意思に寄り添います。

4 どんなに日常的なことでも、ノックや声掛けは必要です。

5 情報提供します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。