過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24187問」を出題

問題

[ 設定等 ]
リスクマネジメントに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  細心の準備をすれば、事故は起こらない。
2 .  小さな介護事故は、個人で対応する。
3 .  介護事故の報告を済ませたら、その後の対応は組織の代表者に一任すればよい。
4 .  介護業務に慣れると事故は起こらない。
5 .  ヒヤリ・ハット事例の収集・分析が、事故を防ぐことにつながる。
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
解答 5

 ヒヤリハットは「ハインリッヒの法則」が元になっています。1件の重大事故の背景には、29件の軽い事故と300件のヒヤリ・ハットする経験があるというものです。ヒヤリハットの事例の収集分析が大きな事故を防ぐことにつながります。

1 細心の準備をしていても、事故が起こる可能性はあります。

2 小さな介護事故でも、報告し情報共有することで、今後の事故の予防となります。

3 丸投げするのではなく、チーム内での情報共有、検討、予防に携わっていくことが大切です。

4 いかなるときでも、事故の可能性が完全になくなることはありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は5です。

ヒヤリ・ハットの事例を収集・分析することで、情報を共有することができ、事故を予防するための対策を立てることができます。

1.事故を100%防ぐことは出来ません。

2.個人で対応するのは適切ではありません。上司や他のスタッフへの報告が必要です。

3.一任するのは適切ではありません。事故に関わった者として、必要な役割を果たすことが必要です。

4.仕事に慣れたからといって、事故が起こらないとは限りません。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は 5 です。

ヒヤリ・ハットの事例を収集・分析を行うことは、同じヒヤリを繰り返さないためにも、どんな状況でどんなリスクが生まれるか考え、ひとつひとつの対策をとっていくことが大切です。

「リスクマネジメント」とは
事故や事件・トラブル等の危険を管理し、可能性をなくすため、又は最小化するための対応や手法のことです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。