過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24221問」を出題

問題

[ 設定等 ]
「関連する情報の分析・統合を通じて、利用者の課題、ニーズ、強みを明らかにすること」を表す用語として、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  チームアプローチ(team approach)
2 .  アセスメント(assessment)
3 .  モニタリング(monitoring)
4 .  アウトリーチ(outreach)
5 .  インテーク(intake)
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) 介護過程 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
22
評価しない
1.誤り。チームアプローチとは、色々な職種が連携して支援していくことを指します。
施設は、医師・看護師・介護士・リハビリ職など、いくつかの職種で構成されていますが、それぞれバラバラで動いているのでは良いケアが出来ません。

2.正しい。アセスメントとは、利用者の情報や生活環境など様々な視点で分析しニーズを把握することです。

3.誤り。モニタリングとは、利用者や家族、サービス事業所などからの情報をもとに評価を行うことです。

4.誤り。アウトリーチとは、本来のこの語の意味は「手を差し伸べる」という意味です。外に出て直接対象者に会い、支援困難者や拒否者に手を差し伸べる事です。

5.誤り。インテークとは受理面接の事です。一番最初に行う面談の事であり、困りごとや状況を確認しながら、これからの支援につなげていくという支援の第一歩です。

以上により、選択肢2が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は 2 です。

アセスメントとは、利用者を多方面から観察・評価し、課題やニーズを明確化する作業のことを言います。

1.チームアプローチとは、多職種がチームになって治療にあたることを言います。

3.モニタリングとは、ケアプランにそったサービスが提供されているか、問題や課題はないか、目的に向けて順調に進んでいるかなどを評価、確認することを言います。

4.アウトリーチには、手を差し伸べるという意味があり、サービス利用に消極的な人に対して積極的に働きかけ、利用を実現させる取り組みのことを言います。

5.インテークとは、相談に訪れた人に対して最初に行なう面談のことを言います。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
適切なものは2です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.チームアプローチとは医師や看護師、介護福祉士など多様な職種でチームを形成し、目標に向かって連携しながら協働していくことです。

3.モニタリングとは介護サービスを提供しながら、現状を観察し、問題点や課題がないかなどを見守り、確認していくことです。

4.アウトリーチとは、地域で福祉や医療の支援を必要とする現状にありながら、専門的サービスに結びつかない人に専門家の方が出向いて支援することです。

5.インテークとは援助を求めて相談に来た人に対する最初の面接です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。