過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第24257問」を出題

問題

[ 設定等 ]
口腔の清潔が保てなくなる原因として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  過食
2 .  口内炎(stomatitis)
3 .  唾液の増加
4 .  歯垢の除去
5 .  咳反射の亢進
( 介護福祉士国家試験 第28回(平成27年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
28
評価しない
正解は2です。

口内炎の痛みでうがいや歯磨きができないようになると、口腔内の細菌が繁殖し、口腔内の衛生状況は悪くなります。

1.食事をすることで多く唾液が分泌されるため、過食が口腔の不衛生につながるとはいえません。

3.唾液には口腔内を清潔に保つ効果があります。

4.歯垢には多くの細菌がいます。除去することで、口腔内をきれいに保つことができます。

5.咳は誤嚥の予防につながります。咳反射の亢進が口腔内の不衛生につながることはありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
最も適切なものは2です。
口内炎のせいで、痛みから歯磨きが十分に行えないと口腔内の清潔が保てなくなります。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.過食で歯磨きができないとは考えにくいです。

3.唾液には自浄作用があります。分泌量があることは良いことです。

4.歯垢は歯周病や細菌増加の要因になるものです。それを取り除くことで清潔が保たれます。

5.咳反射の亢進は、口腔衛生と直接関係ありません。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は2です。

口腔内の炎症でもある口内炎。口内炎になると痛みから食欲が低下したり、歯磨きなどが充分に行えないといったことがあり、口腔内の清潔が保てなく原因になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。