過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33135問」を出題

問題

[ 設定等 ]
1960年代後半からアメリカで展開した自立生活運動に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  障害者自身の選択による自己決定の尊重を主張している。
2 .  障害者の自立生活は、施設や病院で実現されるとしている。
3 .  「ゆりかごから墓場まで」の実現に向けた制度設計を目指している。
4 .  障害者が機能回復を図ることを「自立」としている。
5 .  介護者を生活の主体者として捉えている。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 人間の尊厳と自立 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
60
評価しない
正解は1です。

障害者のニーズがどのようなものか知っているのは障害者自身であり、自己決定には本人の意見が尊重されるべきと主張されています。

2.施設や病院ではなく、地域社会の中で実現されるとしています。

3.「ゆりかごから墓場まで」という言葉はイギリスの社会政策の言葉です。アメリカの自立生活運動とは関係ありません。

4.機能回復だけが自立ではありません。障害者自身の選択に基づいた自己決定こそが自立だと主張されています。

5.主体者は介護者ではなく障害者自身です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は1です。

障害者自身の自己決定が大切であり、自己決定ができるように周りのサポートも大切です。

2,施設や病院ではなく、地域の社会生活の中で自立した生活できるように支援していくこととされています。

3,これは、イギリスの第二次世界大戦後の社会政策で国民全員が無料で医療サービスを受けれることを基幹とされています。

4,機能回復をすれば自立というわけではなく、今ある機能を維持し、自己決定のもと社会生活をすることを「自立」とされています。

5,主体者は障害者本人です。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
正解は1です。

日常生活動作の自立だけでなく、障害者自身が選択し自己決定する事が大切です。

2:施設や病院ではなく、社会生活の中で自立した生活が実現できる事です。

3:第二次世界大戦後、イギリスで生まれた社会保障の理念です。

4:機能回復だけではなく、自己決定しながら社会生活をしていくことが自立とされています。

5:主体者は障害者本人になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。