過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33144問」を出題

問題

[ 設定等 ]




介護保険法第1条に規定されている内容に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
高齢社会対策の基本理念や基本となる事項を定める。
 2 . 
福祉サービス利用者の利益の保護及び地域福祉の推進を図る。
 3 . 
介護が必要となった者等が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営めるよう、保険給付を行う。
 4 . 
疾病、負傷若しくは死亡又は出産に関して保険給付を行う。
 5 . 
老人の福祉に関する原理を明らかにし、老人に対し、心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な措置を講じる。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 社会の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
29
評価しない
正解は3です。

介護保険法第1条には介護保険の目的が規定されています。
内容は以下の通りです。

この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

1.2.4.5.については介護保険法第1条には規定されていません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
17
評価しない
正解は3です。

介護保険法の第1条には介護保険の目的が規定されています。
簡単に説明すると、“加齢によって生じた心身の変化のために日常生活上の支援が必要となる(なる可能性がある)人に対し、医療や介護サービスを利用してその人らしく最後まで生きるために支援することを目的としている”ということです。
重要ですので内容をきちんと把握しておきましょう。
評価後のアイコン
評価する
15
評価しない
正解は3です。

介護保険法 第1条
この法律は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

とあります。

1は高齢社会対策基本法
2は社会福祉
4は健康保険法
5は老人福祉法 です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。