過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33167問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護業務の事故報告に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  口頭での報告は、結論を述べてから事故に至る経過を説明する。
2 .  事故報告書は、管理者以外は閲覧できないように保管する。
3 .  軽微な事故の場合は、後日報告する。
4 .  介護福祉職としての判断を除外して報告する。
5 .  記録した内容は、口頭での報告が不要である。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
21
評価しない
正解は1です。
 
事故対応ではスピードが重視されます。結論からまず報告することが大切です。

2.事故報告はスタッフ全員で共有しなければなりません。

3.軽微であっても速やかに行なわなければなりません。

4.介護福祉職としての判断を除外する必要はありません。本人の判断と客観的な事実の両方を報告します。

5.すぐに対応できるよう口頭での報告も必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は1です。
事故が起こった際は、早急にしなければならないことがある場合が多いので結論から述べることが大事です。

2,事故報告は同じことを起こさない為にもスタッフ間で原因究明、共有しなければいけません。

3,軽微であっても早急に報告する必要があります。

4,専門職としての判断、客観的判断どちらも大切です。

5,記録に時間がかかる可能性も、口頭の方が伝わりやすい状況もありますので口頭での報告も大切です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は1です。

1 . 結論から述べる事で、伝達速度が早まります。事故対応の場合は特に重要です。 

2 . 再発防止策を含めて、チームで共有する事が大切です。

3 . 軽微な判断の適格性も含め、報告は必要です。小さな傷が四肢切断に到る場合も有ります。

4 . 事故の状況・身体の機能を分かっている人が考える判断(評価)は今後の参考になります。

5 . 口頭報告後に対応、一連の記録の流れです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。