過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33171問」を出題

問題

[ 設定等 ]
利用者の自宅の清掃を行うときの注意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  玄関は乾燥した茶殻をまいて掃く。
2 .  窓ガラスは最初に乾いた雑巾で拭く。
3 .  畳は畳の目に沿って拭く。
4 .  浴室にカビ取り剤を散布するときは窓を閉める。
5 .  はたきを使った掃除は低い所から始める。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
正解は3です。

畳の拭き掃除は畳を傷めることがないよう、畳の目にそって拭くようにします。

1.茶殻は湿ったものを利用します。ほこりがくっつき舞い上がるのを防ぐことが出来ます。

2.最初は濡れた雑巾で汚れをとり、後から乾いた雑巾で仕上げを行ないます。

4.有害成分を吸い込むことがないよう窓を開放して行ないます。

5.はたきは高いところから行ないます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は3番です。

1 . 乾燥ではなく、湿った茶殻だと埃も絡みます。

2 . 湿った雑巾後に乾拭きです。

3 . 正しいです。

4 . カビ取り剤も蒸発して、危険なので換気しながら行います。

5 . 高い所から初めて、下に落としていきましょう。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は3です。
畳を傷めないよう畳の目に沿って拭くことが大切です。

1,茶殻は湿ったものを利用するとほこりが舞わずに済みます。

2,濡れた雑巾→乾いた雑巾を使用すると汚れがよく落ちます。

4,掃除の際は換気が大切です。窓を開放して掃除をしましょう。

5,はたきは高いところからかけるとほこりが落ちやすいです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。