過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33175問」を出題

問題

[ 設定等 ]




ベッドの端に座っている左片麻痺(ひだりかたまひ)の利用者の、立ち上がりまでの基本的な介護として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
利用者の右側に立つ。
 2 . 
立ち上がる前に、深く座りなおすように促す。
 3 . 
利用者の右膝を支える。
 4 . 
利用者を真上に持ち上げる。
 5 . 
立ち上がった時に、利用者の右膝の裏が伸びていることを確認する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
33
評価しない
正解は5です。

膝がしっかりと伸びているのを確認することで、膝折れによる転倒を予防できます。

1.片麻痺の人は患側にバランスを崩しやすいため、左麻痺では左側に立つようにします。

2.立ち上がるときは浅く座るようにします。

3.右膝は健側のため、支える必要はありません。支えるのであれば、左膝です。

4.立ち上がりは前方に重心移動する動作です。前方に引き出すように介助します。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は5です。
左片麻痺なので、左の足が伸びないことが多いです。右の膝をきちんと伸ばし、立位が安定していることを確認することで転倒予防に繋がります。

1、3麻痺の人は、足に力が入らなかったりすることが多いので、必ず介助者は麻痺側に立ち、麻痺側を支えるようにしましょう。

2、立ち上がる際は深く座ると反対に立ち上がりにくいので、浅く座るようにしましょう。

4、立ち上がりの介助をする際は、真正面でなく、麻痺側をサポートするために横側で介助するようにしましょう。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は5番です。

片麻痺の方の介助はバランス崩れの可能性を考えて、麻痺側に位置します。

また、立ち上がりは浅く座り、おじきをするように頭を前にだします。こうする事で、重心が前にきて立ち上がりしやすくなります。

注意するのが、麻痺側の膝折れが有る方は膝の固定介助をする場合が有ります。3番は非麻痺側(健側)の介助をしているので、不適切です。

非麻痺側の上下肢はしっかり使えているか、確認しましょう。

以上の理由により、5番が正解です。

長い解説ですが、麻痺に対する介助法は必須です。理解を深めましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。