過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33176問」を出題

問題

[ 設定等 ]




屋外での車いすの介助方法として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
段差を上がるときは、キャスターを斜めに向ける。
 2 . 
段差を下がるときは後ろ向きで後輪から下りる。
 3 . 
急な上り坂では、両腕の力で素早く進む。
 4 . 
急な下り坂では、前向きで進む。
 5 . 
砂利道では、後輪を持ち上げて進む。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
16
評価しない
正解は2です。

段差を下がるときは利用者が勢いで飛び出すことがないよう、後ろ向きで後輪から下ります。

1.キャスターをまっすぐにしないと段差は上れません。

3.両腕だけでなく、下半身や体幹を中心とした全身で押すようにします。

4.前向きで、もしも手が離れれば車椅子は勢いよく加速し、大事故につながります。急な下り坂は後ろ向きで進むのが原則です。

5.砂利道では前輪を持ち上げて進みます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は2です。
階段を降りる際は、利用者の安全も考え、言葉かけを多くしながら後ろ向きで後輪からゆっくりおります。

1、キャスターをまっすぐにして段差を上がるようにしましょう。

3、車椅子は全身で介助しないとバランスを崩してしまうことがあります。全身で押すようにしましょう。

4、下り坂は勢いがつき利用者が投げ出されてしまう可能性あります。下り坂の際はゆっくり後ろ向きで進みましょう。

5、砂利道は前輪を持ち上げて移動します。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は2番です。

1 . キャスターは、真っすぐあげましょう。

2 . 後ろ向きで段差を超えると、利用者の前のめりを防げます。正しいです。

3 . 両腕は固定して、体、特に足の力を使って進みます。

4 . 利用者が前のめりになります。危険です。

5 . 利用者が前のめりになります。危険です。上げるのは前輪のみです。
ちなみに、両輪で進むとガタガタして危険性が高まります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。