過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33186問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




季節や行事と、食事の組合せとして、最もふさわしいものを1つ選びなさい。
 1 . 
節分 ─────────── お節料理
 2 . 
桃の節句(ひな祭り) ─── 柏餅(かしわもち)
 3 . 
七夕 ─────────── 七草粥(ななくさがゆ)
 4 . 
土用の丑(うし)の日 ─── うなぎのかば焼き
 5 . 
冬至 ─────────── ちまき
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
最もふさわしいものは4です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.節分にふさわしい食べ物は豆や恵方巻です。
おせち料理は正月です。

2.ひな祭りにふさわしい食べ物は桜餅、ちらしずしなどです。柏餅は端午の節句です。

3.七夕にふさわしい食べ物はそうめんです。七草がゆは1月7日に食べます。

5.冬至に食べるのは、かぼちゃです。ちまきは端午の節句に食べることが多いです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は4です。

土用の丑の日にはうなぎを食べる風習があります。多くの介護施設では旬の食材を使ったり、行事にちなんだ食事を提供することで利用者に四季の変化を感じてもらえるようにしています。
知っておくと利用者と会話する際などに役に立ちます。

1.節分には豆や恵方巻きを食べます。お節料理はお正月です。

2.ひな祭りはちらし寿司や菱餅、ひなあられなどが有名です。柏餅は5月5日端午の節句のお供え物です。

3.七夕はそうめんを食べる風習があります。七草粥は1月7日に食べます。

5.冬至にはゆずやかぼちゃを食べます。ちまきは端午の節句に食べることが多いです。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は4です。
季節感を感じて頂く事は見当識の向上につながり、認知面からも良い事です。

1.節分は豆や恵方巻き、お節料理はお正月です。

2.柏餅は5月5日端午の節句のお供え物です。

3.七夕はそうめんを食べる風習があります。七草粥は1月7日に食べます。

5.冬至はゆずなどを食べます。ちまきは端午の節句に食べることが多いです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。