過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33189問」を出題

問題

[ 設定等 ]
洗濯に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
ほころびや破れがあるものは、修理してから洗濯する。
   2 .
色が移るのを防ぐために、素材の違うものは分けて洗濯する。
   3 .
嘔吐物(おうとぶつ)で汚れたカシミヤのセーターは、塩素系漂白剤につけてから洗濯する。
   4 .
ファスナーは開けた状態で洗濯する。
   5 .
マジックテープは、はずした状態で洗濯する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
20
評価しない
正解は1です。

ほころびや破れが広がらないよう、洗濯前に修理するようにします。

2.素材で分けるのではなく、色落ちするかどうかで分けるようにします。

3.カシミアに漂白剤を使うのはNGです。

4.洋服がいたむのを防ぐため、ファスナーは締めた状態で洗濯します。

5.マジックテープはつけた状態で洗濯します。はずしたままで洗濯すると、マジックテープがつきにくくなります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は1番です。そのままだと、ほころびが侵食します。

洗濯時は色落ち素材の有無を確かめ、色落ちするなら素材毎に分けて洗濯しましょう。

カシミアは傷みやすいので、手洗い・中性洗剤が基本です。ただ、嘔吐物が付着しているので固形物は洗い流した上で、他の物と分けて洗います。

また、洗濯時はファスナーを閉めて他の衣類が傷つくのを防ぎ、マジックテープはつけたまま洗います。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
最も適切なものは1です。

他の選択肢については以下のとおりです。

2.洗い方が違う素材を一緒にするのはNGですが、一緒に洗える素材であれば、色落ちするものとしないものとに分けて洗います。

3.カシミアなので塩素系漂白剤につけることはできません。固形物を取り除き、クリーニングに出すのがいいのですが、クリーニング店によっては衛生面から嘔吐物が付着している場合受け付けていないところもあります。

4.服がいたむため、ファスナーは閉めます。

5.マジックテープを外した状態にするとテープに糸くずなどごみが付着し、くっつきにくくなります。そのため、くっつけた状態にします。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。