過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33201問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Fさん(75歳、女性)は、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)である。家族の介護負担が増加して、3日前から介護老人保健施設に入所している。入所前から、トイレに間に合わずに尿失禁をしてしまうことがあるため、昼夜、リハビリパンツを使用している。歩行は自立している。夜間、トイレに起きているがその後眠っていることが確認されている。
Fさんの尿失禁の改善を目標に収集する情報として、最も優先度の高いものを1つ選びなさい。
 1 . 
介護負担となっている家族背景
 2 . 
施設生活に対する不安
 3 . 
夜間の中途覚醒状況
 4 . 
トイレに行く時間帯
 5 . 
歩行に必要な下肢筋力
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 介護過程 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
16
評価しない
最も優先度の高いものは4です。
問題文に「入所前から、トイレに間に合わずに尿失禁をしてしまうことがある」とあり、「尿失禁の改善を目標」とあります。トイレに行く時間帯を知ることで、漏らす前にトイレ誘導することが可能になります。

他の選択肢については以下のとおりです。

1と2ですが、今回の目標は「尿失禁の改善」のため、不適切です。

3.「夜間トイレに起きること」と「中途覚醒状況」は異なるものです。

5.問題文に「歩行は自立している」とあります。すでに把握されている情報だと思われます。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない
正解は4です。

トイレに行く時間帯を把握することで、早めのトイレ誘導が可能になります。

1.家族背景と失禁は関係ありません。

2.不安と失禁は結びつきません。

3.覚醒状況と失禁は関係ありません。

5.歩行は自立しているとあるので、下肢筋力は問題ないと判断できます。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は4番です。トイレに行く時間帯を把握し、誘導の時間を検討する事で、尿失禁を減らします。

1.直接の関係はありません。

2.失禁の原因ではないです。

3.失禁の原因ではないです。

5.歩行には問題ありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。