過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33209問」を出題

問題

[ 設定等 ]




パーキンソン病(Parkinsondisease)の症状として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
後屈した姿勢
 2 . 
大股な歩行
 3 . 
血圧の上昇
 4 . 
頻回な下痢
 5 . 
無表情
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
31
評価しない
正解は5です。

パーキンソン病は脳の黒室という部分が障害され、神経伝達物質のドーパミンが不足することで起こる病気です。ドーパミンは運動を調節する機能を担っているため、パーキンソン病になると動きが遅くなったり、筋緊張が強くなったりします。

無表情はパーキンソン病特有の症状です。

1.後屈ではなく、腰が曲がった前屈した姿勢になります。

2.小刻み歩行になります。

3.自律神経症状により血圧は低下します。起立性低血圧が起こりやすいです。

4.腸の動きが悪くなるため、便秘になります。



評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
適切なものは5です。

パーキンソン病は脳の異常のために体の動作障害のある進行性の神経変性疾患です。主な症状は無表情のほか、手足の振え(振戦)、筋のこわばり、歩行時の一歩めがでにくいすくみ足、歩幅が小さくなる小刻み歩行などです。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.パーキンソン病では前かがみの姿勢です。

2.上記に示したように歩幅が小さくなります。

3.血圧上昇ではなく、起立性低血圧を起こします。

4.下痢ではなく、便秘を起こします。

評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は5番です。
振戦(震え)、固縮(動きが固い)、動作緩慢、姿勢反射障害が四大症状です。

1.前傾姿勢になります。

2.歩幅は小さくなります。

3.自立神経も乱れるので、起立性低血圧も起こします。

5.自立神経も乱れるので、便秘になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。