過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33216問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




血管性認知症(vascular dementia)の危険因子として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
認知症(dementia)の家族歴
 2 . 
甲状腺機能低下症(hypot hyroidism)
 3 . 
頭部外傷の既往
 4 . 
メタボリックシンドローム(metabolic syndrome)
 5 . 
ダウン症候群(Down’s syndrome)
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説(4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
35
評価しない
正解は4です。

メタボリックシンドロームは内臓脂肪型肥満があり、血清脂質・血圧・血糖のうち2項目に異常がある場合を言います。
高血圧や動脈硬化、糖尿病、高脂血症といった病気は脳梗塞を引き起こすリスクが高く、結果として血管性認知症の危険因子となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は4です

血管性認知症の危険因子は、
高血圧、糖尿病、高コレステロール値といった生活習慣病に加え、喫煙、肥満等と言われております。
問題文のメタボリックシンドローム(生活習慣病)が該当します。
評価後のアイコン
評価する
12
評価しない
正解は4です。
メタボリックシンドローム(生活習慣病)は、高血圧、血管が詰まる可能性があり、脳梗塞の発症により脳血管性認知症を引き起こす恐れがあります。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は4番です。脳血管性認知症は血管のダメージが蓄積しておこります。よって、メタボリックシンドロームは危険因子といえます。

1.家族歴はアルツハイマーなどのリスク因子です。

2.甲状腺機能低下症でも認知機能は低下しますが、脳血管との関連は低いです。

3.頭部外傷自体が認知機能低下を招きますが、リスク因子ではありません。

5.ダウン症は遺伝性疾患です。直接のリスク因子ではありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。