過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33230問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Hさん(女性)は、長男J君(3歳)が通園中の保育所の保育士から、「J君は言語などの発達に遅れがあるようだ」と伝えられた。子どもの将来に不安を感じたHさんは、知り合いの介護福祉職に相談した。
介護福祉職がHさんに対して行うアドバイスとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
子どもの発達の状態を見守る。
 2 . 
児童発達支援センターに相談する。
 3 . 
児童相談所の判定を受ける。
 4 . 
障害児保育の申請を行う。
 5 . 
居宅介護事業所を紹介する。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
正解は2です。
児童発達支援センターは、地域の障害のある児童に通っていただき、日常生活の基本的動作の指導、自分が
生活するために必要な知識や、集団生活への適応の訓練を行う施設です。病院に行ってみてもらうのも大事ですが、回答の中ではこの回答が一番適切です。

1,早急に病院にいくなど、進めることが大切です。
3,4判断・申請をする段階ではありません。
5,居宅支援事業所とは、介護保険関係の業務を行うことなので児童に関する相談とは関係ありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は2です。

児童発達支援センターは地域の障害がある児童を通所させて日常生活動作や、自活に必要な知識・技能の習得、集団への適応などの訓練を行なう施設です。
この段階では専門としている児童発達支援センターに相談するのが適切な判断です。

1.早期対応したほうが早くに支援を開始できます。

3.判定を受ける段階ではなく、相談の段階です。

4.申請の段階ではありません。

5.居宅介護事業所は介護保険に関する業務を行なうところであり、児童に関する相談は受け付けていません。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
1.誤
早急に専門機関へ相談する必要があるため、誤りです。

2.正
児童発達障害の専門機関への相談が必要です。相談窓口として「発達障害者支援センター」「児童相談所」「子育て相談窓口」があります。

3.誤
順序として判定を受ける前に専門機関に相談することが優先であるため、誤りです。

4.誤
3と同様に専門機関に相談することが最優先であるため、誤りです。

5.誤
居宅介護支援事業所の利用は障害認定を受けた後になるため、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。