過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33231問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




記憶と学習に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
短期記憶とは、数日保持される記憶である。
 2 . 
記銘とは、情報を覚えることである。
 3 . 
意味記憶とは、自分に起こった出来事の記憶である。
 4 . 
道具的条件づけの代表例に「パブロフの犬」がある。
 5 . 
観察学習とは、自分の行動を反省することによる学習である。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
31
評価しない
正解は2です。
記述の通りです。

1、感覚が受け取った刺激に意識が向けられ起こる記憶で数秒からから数分です。
※最近の研究では最長2年という説もあるので、これも
正しいという説もありますが、だいたいは数分が正解です。

3、意味記憶とは知識や情報の記憶で、自分に起こった出来事はエピソード記憶といいます。
4、パブロフの犬とはパブロフ博士が行った犬に餌を与えるときに必ずベルを鳴らすようにしたところ、ベルの音がなれば犬がよだれを垂らすという条件反射の例えです。
5、観察学習とは他者の行動を観察することで、行動の方法を学ぶことです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
18
評価しない
正解は2です。

記銘とは情報を覚えこむことを言います。

1.短期記憶は数秒から数分までの記憶を言います。

3.自分に起こった出来事の記憶はエピソード記憶です。

4.パブロフの犬は条件反射の代表例です。

5.観察学習は他人の行動を観察することで、その行動を学習する方法です。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
1.誤
短期記憶は海馬に保存される数秒から数分の記憶であるため、誤りです。

2.正
記銘とは外部の刺激がもつ情報を意味に変換して記憶として取り込むことです。

3.誤
意味記憶は一般的な知識の記憶を指し、自分に起こった出来事の記憶はエピソード記憶であるため、誤りです。

4.誤
道具的条件付けとは環境に対して自発的に行動をとる仕組みのことであるため、誤りです。

5.誤
観察学習とは他者の行動や態度、感情表出から学習することを指すため、誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。