過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33242問」を出題

問題

[ 設定等 ]
臨終期の身体の様子に関する記述として、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
手足は温かい。
   2 .
浮腫の出現は少ない。
   3 .
喉からゴロゴロする音が聞かれる。
   4 .
尿量は増加する。
   5 .
呼吸のリズムは規則的である。
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
25
評価しない
正解は3です。
死が近づくと咳払いができなくなり、咽頭などの内部に唾液などの液体が溜まりゴロゴロいいます。

1,手足の循環が悪くなり冷たくなります。
2,循環が悪くなり浮腫の出現率が高くなります。
4,尿量は減少傾向にあります。
5,気管の働きが悪くなり、呼吸が不規則になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
適切なものは3です。死前喘鳴ともいいます。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.手足は冷たくなります。

2.浮腫の出現が多いです。

4.尿量は減少します。

5.呼吸のリズムは不規則になります。



評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
1.誤
死期が近づくと手足は冷たくなるため誤りです。

2.誤
死期が近づくと全身または局所に浮腫が増えるため誤りです。

3.正
咳払いが出来なくなり、咽頭や気道の内部に唾液などの液体が溜まってくるとゴロゴロといった音(喘鳴)が聞かれるようになります。

4.誤
死期が近づくと尿量は減少するため誤りです。

5.誤
死期が近づくと呼吸は不規則になるため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。