過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第33247問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




Aさん(85歳)は、胃ろうを造設している。介護福祉士は、栄養剤を注入する前にAさんの排尿を促して、排尿があったのを確認した後に注入を開始した。注入する栄養剤は体温に近い温度で用意して、注入中の体位は角度10度の仰臥位(ぎょうがい)で行った。栄養剤の量と注入の速度は、指示のとおりに行った。注入中に、Aさんが嘔吐(おうと)した。
嘔吐(おうと)の原因として、最も可能性の高いものを1つ選びなさい。
 1 . 
注入前の排尿
 2 . 
栄養剤の温度
 3 . 
注入中の体位
 4 . 
栄養剤の量
 5 . 
注入の速度
( 介護福祉士国家試験 第30回(平成29年度) 医療的ケア )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
12
評価しない
最も可能性の高いものは3です。

胃瘻への栄養剤注入の体位は座位、座位が保てない場合であれば、ベッドの角度を30度くらいに上体を起こす形にします。そうでないと逆流してしまいます。

1.2.4.5については問題文中の対応で正しいです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
1.誤
注入中は同じ体位を保つ必要があり、事前に排泄介助は行うのは適切です。また排尿は嘔吐に直接関係がないため誤りです。

2.誤
栄養剤の温度を体温に近い温度で用意するのは適切であるため、嘔吐とは直接関係がないため誤りです。

3.正
角度10度の仰臥位はギャッチアップが足りないことが原因と考えられます。ファーラー位(30度~45度)に保つ必要があります。

4.誤
栄養剤の量は指示通りであるため問題ありません。したがって誤りです。

5.誤
注入速度は指示通りであるため問題ありません。したがって誤りです。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は3です。
胃瘻の栄養剤注入の体位は座位もしくは頭部の挙上を行わないと嘔吐の可能性が高いです。注入後も気を付けましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。