過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41917問」を出題

問題

[ 設定等 ]
高齢者の疾患と治療に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  複数の慢性疾患を持つことは、まれである。
2 .  服用する薬剤の種類は、若年者より少ない。
3 .  服用する薬剤の種類が増えると、薬の副作用は出にくくなる。
4 .  高血圧症(hypertension)の治療目標は、若年者と同じにする。
5 .  薬剤の効果が強く出ることがある。
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
高齢者が慢性疾患を複数患っていることも多く、そのため服薬する薬の種類や数・回数など若年者よりも多くなる傾向があるため、選択肢の1~2は説明が不適切です。

3の選択肢ですが、服薬する薬が増えれば、薬による副作用も出やすくなるので、不適切です。

4の高血圧症の治療内容は若年者とは違ってくるので、不適切です。

この問題の正解は、5になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
1.誤 高齢者は複数の慢性疾患を持つことが多いため誤りです。

2.誤 選択肢1との関連により、複数の慢性疾患を持つと薬の種類は若年層より増えるため、誤りです。

3.誤 薬剤の種類が増えると副作用が出やすくなるため誤りです。

4.誤 高血圧症の治療目標は若年層より高くするため、誤りです。

5.正 高齢者は体内における消化・分解機能の低下により、薬が長時間体内に残るため、薬剤の効果が強く出る場合があります。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
最も適切なものは5です。
老化により臓器の機能が落ち、薬剤が効きすぎるということが考えられます。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
複数の慢性疾患を抱えているケースは多いです。

2.誤りです。
1とも関連しますが、抱えている病気が多くなるため当然、それに合わせて薬の種類数も多くなります。

3.誤りです。
先に述べた老化にも関係しますが、肝臓には解毒作用があります。臓器の低下により、この解毒作用がうまくいかないことや薬の種類も多くなることから副作用は出やすいです。

4.誤りです。
加齢とともに血圧は上がっていくため、それぞれの年齢に応じためやすとなる血圧があります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。