過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41932問」を出題

問題

[ 設定等 ]
対麻痺(ついまひ)を生じる疾患として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis:ALS)
2 .  腰髄損傷(lumbar spinal cord injury)
3 .  悪性関節リウマチ(malignant rheumatoid arthritis)
4 .  パーキンソン病(Parkinson disease)
5 .  脊髄小脳変性症(spinocerebellar degeneration)
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 障害の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
26
評価しない
1.×
 筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足や舌・のど等、全身の筋肉が徐々にやせていく疾患です。
 
2.○
 対麻痺は胸髄以下の脊髄損傷によるものが多いとされ、下肢のみに生じる麻痺のことです。
 胸より下にあり、下肢の筋肉を司る腰髄が損傷されると対麻痺を生じると考えられます。

3.×
 悪性関節リウマチとは、全身の血管に炎症(血管炎)が起こる等、関節以外の症状を伴う疾患です。

4.×
 パーキンソン病では、主に手足のふるえ、筋肉のこわばり、動作がにぶい、体のバランスが取れないといった運動障害が現れます。

5.×
 脊髄小脳変性症とは、小脳が障害されることによって、体のバランスが取れず歩くときにふらつく、手がふるえて細かい作業ができなくなる、呂律(ろれつ)が回らずうまく喋ることができないといった運動失調症状が現れる疾患の総称です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
最も適切なものは2です。
対麻痺とは両下肢のみの運動麻痺です。胸椎以下の脊髄損傷で起こります。

他の選択肢は以下のとおりです。
1、4、5は脳神経と関係しているため誤りです。
3は手指や膝に症状が強く出るため誤りです。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
1.誤 対麻痺は両下肢だけの麻痺であり、ALSは全身の筋肉が委縮する疾患のため、誤りです。

2.正 腰髄損傷は脊髄損傷であるため、対麻痺が生じます。

3.誤 悪性関節リウマチは関節外症状が見られる関節リウマチであるため誤りです。

4.誤 パーキンソン病は症状が下肢だけに限定されないため誤りです。

5.誤 脊髄小脳変性症は運動失調をきたす疾患の総称であるため誤りです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。