過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第41965問」を出題

問題

[ 設定等 ]




次の事例を読んで、問題について答えなさい。

〔事例〕
Hさん(26歳、女性)は、腰髄損傷(lumbar spinal cord injury)で両下肢麻痺(りょうかしまひ)の障害があり、車いすを使用してADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)は自立している。銀行で働きながら一人暮らしをして、休日は、友人とスキューバダイビングを楽しんでいた。
Hさんは、こだわりや責任感が強く真面目で、悩みごとを打ち明けられない性格であった。
ある日、友人が表情の暗いHさんを心配して話を聞いてみると、「食事が喉を通らず、頭痛や思考力低下があり、寝つきは良いが、すぐに目が覚めて眠れず、仕事上のミスが続き仕事に行けない日がある」と話した。友人の勧めで専門医を受診した結果、Hさんはうつ病(depression)と診断された。
その後、治療を受けながら仕事を続けていたが、激しい動悸(どうき)、息苦しさ、めまいを伴うパニック発作が繰り返し起こり、仕事を休職して治療に専念することにした。

Hさんは仕事を休職して治療に専念した結果、趣味のスキューバダイビングが楽しめるまでに回復した。介護福祉職に、「仕事に復帰しようと思っている」と話した。
介護福祉職が紹介するサービスとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
リワークプログラム
 2 . 
レスパイトサービス(respite service)
 3 . 
ピアカウンセリング(peer counseling)
 4 . 
セルフヘルプグループ(self-help group)
 5 . 
ガイドヘルプサービス
( 介護福祉士国家試験 第31回(平成30年度) 総合問題 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
19
評価しない
1.○
 リワークプログラムとは、復職支援プログラム又は職場復帰支援プログラムとも呼ばれており、うつ病等によって休職中の方が、職場復帰できるように支援するプログラムのことを言います。
 うつ病により休職し、現在は復職を目指しているHさんに最もふさわしいものとなります。
 
2.×
 レスパイトサービスとは、ショートステイ等を利用し、在宅で介護をしている家族等が、一時的に介護から離れて休むために利用できるサービスのことを言います。
 復職を目指しているHさんには該当しません。

3.×
 ピアカウンセリングとは、障害者同士等の同じ立場・境遇にある方たちが互いを仲間としてとらえ、その中でカウンセリングを行うことを言います。
 復職を目指しているHさんには該当しません。

4.×
 セルフヘルプグループとは、自助グループとも呼ばれており、障害や病気等の同じ課題を持つ方やその家族が、共通する課題の解決等を目指して作るグループのことを言います。
 復職を目指しているHさんには該当しません。

5.×
 ガイドヘルプサービスとは、自力での外出や屋外での移動が困難である障害者を対象とした移動支援事業のことを言います。
 スキューバダイビングを楽しむことができるようになったHさんには該当しません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
この場合、障害の有無は関係なく、「うつ病」が緩和されてきたことを重視しましょう。

Hさんは「仕事への復帰」を望んでいることから、介護福祉職として提案するサービスは、①のリワークプログラムになります。

そのためこの問題の正解は①になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。