過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48724問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Gさん(80歳、女性、要介護3)は、脳卒中( stroke )の後遺症により左片麻痺があり、からだを思うようにコントロールができず、ふらつきが見られる。以前は、2週間に一度は美容院で長い髪をセットしてもらい、俳句教室に行くのを楽しみにしていた。病気になってからは落ち込むことが増え、介護が必要になったため、介護老人福祉施設に入所した。
ノーマライゼーション( normalization )の考え方を踏まえた、Gさんへの生活支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  洗髪しやすいように、長い髪のカットを勧める。
2 .  共同生活のため、夕食は施設の時間に合わせてもらう。
3 .  落ち込んでいるため、居室での生活を中心に過ごしてもらう。
4 .  おしゃれをして、施設の俳句クラブに参加するように勧める。
5 .  転倒予防のため、車いすを使用してもらう。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
ノーマライゼーションの考え方を踏まえた、生活支援に関する事例問題です。

1.髪をカットするのは本人の希望を大切にすることが第一に尊重されるべきことなので適していません。

2.個別支援を大切する必要があるので適していません。

3.落ち込んでいるからといって他者との交流をなくすことは支援として適していません。さらに落ち込み、塞ぎ込んでしまう可能性があります。

4.美容院や俳句教室を楽しみにしているGさんに適した支援になります。4が正解です。

5.ADLを下げる対応になるので、今回のケースでは車いすを使用は適していません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。