過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48733問」を出題

問題

[ 設定等 ]
直面化の技法に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
利用者の感情と行動の矛盾点を指摘する。
   2 .
うなずきやあいづちを用いて、利用者の話を促す。
   3 .
利用者が話した内容を、整理して伝える。
   4 .
利用者が話した内容を、別の言葉を使って簡潔に返す。
   5 .
「はい」や「いいえ」だけで答えられる質問をする。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
39
評価しない
利用者のコミュニケーション、直面化の技法についての問題です。

1.直面化の技法とは、利用者の感情と行動の矛盾点を指摘する技法です。よって、1が正解です。

2.傾聴の基本的な姿勢の説明です。

3.要約の技法の説明になります。

4.言い換えの技法の説明です。

5.閉じられた質問をする技法の説明です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
直面化とは、面接の技法のひとつです。
話をするなかで、相手の言葉と行動の間に矛盾があると感じたとき、矛盾している事実や矛盾点を指摘することを直面化といいます。
面接の技法には他に「開かれた質問(閉じられた質問)」「明確化」「要約」「感情の反映」などがあります。

1.○
 適切です。

2.×
「基本的傾聴」についての記述です。

3.×
「要約」についての記述です。

4.×
「明確化」のうちのひとつ、「言い換え」についての記述です。

5.×
「閉じられた質問」についての記述です。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
1.正しいです。
直面下の技法とは利用者の感情と行動の矛盾点を指摘する事です。
2.誤りです。
うなずきやあいずちは傾聴です。
3.誤りです。
話した内容を整理して伝えるのは要約です。
4.誤りです。
別の言葉を使って簡潔に返すのは言い換えです。
5.誤りです。
はい や いいえ だけで答えられる質問をするのは閉じられた質問です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。