過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48741問」を出題

問題

[ 設定等 ]




一戸建ての住宅に暮らす利用者の地震対策に関する訪問介護員(ホームヘルパー)の助言として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
家具には、キャスターをつける。
 2 . 
書棚の上部には、重い物を収納する。
 3 . 
食器棚は、ガラス扉を外す。
 4 . 
外への避難経路は、玄関の1方向とする。
 5 . 
非常時に持ち出す物は、リュックサックにまとめておく。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
住宅の地震対策についての問題です。

1.地震の揺れで家具が移動して危険です。

2.落下時に大きなケガにつながる恐れがあります。

3.地震時に食器が飛び出し破片が散乱してしまいます。

4.避難経路は複数想定することが大切です。脱出できなくなる可能性があります。

5.必要な荷物を事前にまとめておくことは適切です。よって、5が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
利用者へ地震対策について助言をする時は、地震発生時の安全と日常生活の両方を考える必要があります。

1.×
キャスターは、地震の揺れによって家具が移動したり転倒する恐れがあり危険です。

2.×
重いものを高いところへ収納することは、落下時に危険です。
また日常生活でも取り出しにくく不便です。

3.×
地震時に食器が飛び出しケガをする恐れがあります。
他の方法を提案しましょう。

4.×
避難経路を1カ所にすると、万が一その経路が断たれたときに避難ができなくなります。
日頃から避難経路を複数確認しておきましょう。

5.○
非常持ち出し品をまとめておくことは地震対策に有効です。
利用者によって必要な品物や適切な置き場所は異なりますので、一人ひとりに合わせた助言が必要です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。