過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48743問」を出題

問題

[ 設定等 ]
ユニバーサルデザイン( universal design )の7原則に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
高齢者が優先的に使用できる。
   2 .
使い方を統一する。
   3 .
情報伝達の手段は一つにする。
   4 .
使用するためには訓練が必要である。
   5 .
誰にでも使える大きさと広さが確保されている。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
11
評価しない
ユニバーサルデザインとは、障害の有無や年齢・性別・言語・文化などの違いに関わらず、多くの人が利用しやすいことを目的とした設備・情報・環境等のデザインのことです。
ユニバーサルデザインの7原則は、以下の通りです。
 ①公平性
 ②自由度
 ③単純性
 ④わかりやすさ
 ⑤安全性
 ⑥体への負担の少なさ
 ⑦スペースの確保

1.×
高齢者に関わらず、誰でも公平に利用できる必要があります。

2.×
②自由度の観点から、使いやすい方法や使い方を選択できることとされています。

3.×
障害の有無や言語に関わらず必要な情報を伝達するためには、多くの手段を用いる必要があります。
漢字・ひらがな・外国語・絵やマーク・音や光などです。

4.×
③単純性で示されているよう、能力や経験に関わらず誰でも直感的に使いやすいものが望ましいです。

5.○
障害の有無や年齢、体格に関わらず誰でも利用しやすくするためのスペースの確保はユニバーサルデザインの原則に則しています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
ユニバーサルデザインについての問題です。

1.誰もが公平に利用できなければならないとされています。

2.使う人によって様々な使い方ができるものにしなければならないとされています。

3.情報伝達は必要な情報をすべての人に伝えることができるように、絵や文字、音や光等の様々な手段を用いらなければならないとされています。

4.触るだけで簡単に区別できる等、使い方が直感的に分かるものにしなければならないとされています。

5.誰にでも使える大きさと広さが確保されていることはユニバーサルデザインの原則として適しています。よって、5が正解です。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.誤りです。
公平性を保ち、優先を決めるのではなく誰しもが利用できるものとなっております。
2.誤りです。
使い方を統一するのではなく多様に使えるものとする自由度が原則となっております。
3.誤りです。
情報手段も一つではなく多様なものとされております。
4.誤りです。
わかりやすさが原則なので誰しもがみて分かるものでなければユニバーサルデザインとは言えません。
5.正しいです。
誰しもが使える大きさや広さが原則です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。