過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48757問」を出題

問題

[ 設定等 ]
膀胱留置(ぼうこうりゅうち)カテーテルを使用している利用者への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  水分摂取を控えてもらう。
2 .  カテーテルが折れていないことを確認する。
3 .  採尿バッグは膀胱(ぼうこう)と同じ高さに置く。
4 .  尿漏れが見られたらカテーテルを抜去する。
5 .  尿量の確認は看護師に依頼する。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
最も適切なものは2です。
カテーテルが折れていると尿が採尿バッグにきちんと入らないだけでなく、逆行性感染を起こす可能性があるからです。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
水分摂取を控えることは脱水につながります。

3.誤りです。
膀胱よりも下の位置で床にはおかないようにしておきます。
膀胱よりも下の位置でないと導尿がスムーズにいきません。
またバッグを床に置くことは細菌感染のリスクにつながるからです。

4.誤りです。
カテーテルの抜去は医療行為になるため、介護福祉士にはできません。

5.誤りです。
利用者の健康状態のチェックとして尿量の確認は大切です。介護福祉職でもできることです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.医師から水分摂取量に関して指示がない限り、適切に水分摂取をしてもらうことが求められているので、設問は間違いです。

2.カテーテルが詰まり、尿が流れなくなることがあります。カテーテルが折れていないことの確認は必要です。よって、2が正解です。

3. 採尿バッグを膀胱(ぼうこう)と同じ高さに置くと、尿が逆流する可能性があります。排尿バッグは膀胱より下の位置に置く必要があります。よって、設問は間違いです。

4.カテーテルの抜去、及び挿入は医療的処置になります。尿漏れが見られる時は看護職に対応してもらいましょう。介護福祉職が行うことはできません。

5.尿量の確認は介護福祉職が行うことができるので、看護師と確認する必要がある状況以外は看護師に依頼する必要はありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。