過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48758問」を出題

問題

[ 設定等 ]
解熱を目的にした坐薬(座薬)の挿入に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  挿入時は仰臥位(背臥位)で膝を伸ばす。
2 .  挿入時は腹式呼吸を促す。
3 .  坐薬(座薬)はとがっていない方から挿入する。
4 .  挿入後は坐薬(座薬)が排出されないことを確認する。
5 .  衣服を整えてから手袋を外す。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
最も適切なものは4です。
坐薬は肛門で溶け、直腸に吸収され作用するため、肛門付近で薬がとどまっていないことには直腸に吸収されません。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
普通の人であれば中腰で、起き上がれない人の場合は横向きで膝を曲げた状態で坐薬をいれます。中腰姿勢で挿入した人はその後、腰をのばすことで、寝た状態で入れた方は膝を伸ばすことできちんと挿入されやすくなります。

2.誤りです。
腹式呼吸をすることで力が入り、入れにくくなります。

3.誤りです。
とがっている方から挿入します。

5.誤りです。
手袋を外してから衣服を整えます。
手袋に便などが付着することがあります。そのため手袋をしたままだと衣服にまで汚染を広げてしまいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1.仰臥位で膝を伸ばした挿入は行いにくい体位です。仰臥位や側臥位で膝を曲げて肛門部が十分に見える体位が坐薬(座薬)の挿入はやりやすいです。よって、この設問は間違いです。

2.腹式呼吸は腹圧がかかりやすくなるので、外肛門括約筋に力が入ってしまいます。外肛門括約筋を弛緩させるためには口呼吸を促しましょう。

3.坐薬(座薬)はとがっている方から挿入すると、肛門内部に入りやすいです。この設問は間違いです。

4.設問の通り、挿入後は坐薬(座薬)が排出されないことを確認しましょう。よって4が正解です。

5.設問の通りすると不潔な状態の手袋で衣服を整えることになるので不適切です。衣類を整える前には手袋を外して、清潔な状態で行いましょう。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。