過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48764問」を出題

問題

[ 設定等 ]
睡眠薬を服用している高齢者への介護福祉職の対応として、適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
アルコールと一緒に服用してもらった。
   2 .
服用後、1時間は起きているように伝えた。
   3 .
日中、ふらつきがみられたので医師に伝えた。
   4 .
通常の量では眠れないと言われたので、追加して飲むように伝えた。
   5 .
体調に合わせて服薬時間を変更した。
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
9
評価しない
適切なものは3です。
睡眠薬の副作用の一つにふらつきがあります。ふらつきがみられるということは、筋肉の緊張状態がゆるみ、転倒しやすくなることにもつながります。薬があっていないことも考えられるため、医師に報告するのが適切です。

他の選択肢については以下のとおりです。

1.誤りです。
アルコールと睡眠薬の併用は肝臓にダメージを与えるとともにお互いの作用を増強させることになり危険です。

2.誤りです。
睡眠薬は就寝前に服用し、服用後に寝るのが適切です。

4.誤りです。
服用量のコントロールは医師がすべきことであり、介護福祉職ができるものではありません。

5.誤りです。
睡眠薬は就寝前の服用です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
1.アルコールと一緒に睡眠薬を服薬することは禁忌とされています。
・肝臓の代謝に障害が生じる
・酩酊状態になりやすい
・薬の副作用の症状が出現する
等を引き起こしてしまいます。

2.服用後、1時間は起きているようにという、行動を制限・制御しようとする発言は不適切です。

3.日中、ふらつきがみられるような、日中の行動の異常や副作用がある場合は医師に相談することが求められます。よって、3が正解です。

4. 薬の使用量を介護福祉職の判断だけで決めるのではなく、医師に相談する必要があります。よって、この設問は間違いです。

5. 薬の服薬時間を介護福祉職の判断だけで決めるのではなく、医師に相談する必要があります。よって、この設問は間違いです。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
1.×
アルコールによって睡眠薬の効果が増強したり弱まる恐れがあります。

2.×
睡眠薬には、入眠を促す効果のあるものや睡眠状態を継続させる効果のあるものなど、種類があります。
特に入眠を促すタイプの睡眠薬は、服用後すぐに就寝する必要があります。
服用後も起きていると、眠れなくなってしまいます。

3.○
日中のふらつきは、睡眠薬の影響が考えられます。
薬の種類や量の調整が必要な場合もあるため、医師に報告します。

4.×
服用量を決めるのは医師です。
介護福祉職が決められることではありません。

5.×
医師の指示がない限り、薬の服用時間を変更することはできません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。