過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48802問」を出題

問題

[ 設定等 ]
制度化された地域の社会資源として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  家族会が行う悩み相談
2 .  近隣の住民からの善意の声かけ
3 .  同居家族が行う身の回りの介護
4 .  コンビニエンスストアによる見守り
5 .  民生委員が行う相談・援助
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 障害の理解 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
「制度化された社会資源(フォーマルサービス)」とは、行政によるサービスや公的サービスを提供する民間組織によるサービスのことをいいます。
反対に、ボランティアや近隣の人・自治会、家族によるサポートなどは「制度化されていない社会資源(インフォーマルサービス)」と呼ばれます。

1.×
家族会は私的な集まりであるため、制度化されていない社会資源です。

2.×
近隣住民からのサポートは、制度化されていない社会資源です。

3.×
家族が行う介護は制度化されていない社会資源です。

4.×
コンビニエンスストアによる見守りも制度化されていない社会資源です。

5.○
民生委員は、民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員です。
行政によるサービスに当たりますので、制度化された社会資源になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
最も適切なものは5です。
1948年制定の民生委員法によって制度化されたものです。

他の選択肢についてですが、
1,2,3,4は国の法律で定められているものではありません。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
1.家族会が行う悩み相談は公的なサービスではなく、参加の意思と条件に合う人は誰でも参加できるので間違いです。

2.近隣の住民からの善意の声かけは、公的なサービスではないので間違いです。

3.同居家族が行う身の回りの介護は、公的なサービスではないので間違いです。

4.コンビニエンスストアによる見守りに関しては、地方公共団体によっては自治体と見守り協定を結んでいる場合もあります。すべてのコンビニエンスストアがしているわけではありませんので、公的なサービスではありません。間違いです。

5.民生委員が行う相談・援助は地域住民の立場から日常生活や福祉に関する相談・援助活動であり、公的なサービスとして制度化されています。よって、5が正解です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。