過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第48822問」を出題

問題

[ 設定等 ]




次の事例を読んで、以下の問いに答えなさい。
〔事例〕
Lさん(78歳、女性)は一人暮らしをしている。「もったいない」が口癖で、物を大切にし、食べ物を残さないようにして生活している。
半年前、脳の細い血管が詰まっていることがわかり、入院して治療を受けた。左半身にしびれがあり、右膝の変形性関節症( osteoarthritis )で痛みもあったために、介護保険の申請をしたところ、要介護1になった。
家事はできるだけ自分でしたいという希望から、週に2回、訪問介護(ホームヘルプサービス)を利用して、掃除と調理を訪問介護員(ホームヘルパー)と一緒にしている。

介護保険の申請をしてから半年がたち、更新申請の時期になった。この半年でLさんは、訪問介護員(ホームヘルパー)が来ない日もいすに座って調理をするなど、回復してきている。更新申請の結果、Lさんは要支援1になった。
次のうち、Lさんの介護予防サービス・支援計画書を作成する者として、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)
 2 . 
生活支援体制整備事業の生活支援コーディネーター
 3 . 
地域包括支援センターの主任介護支援専門員
 4 . 
訪問介護事業所のサービス提供責任者
 5 . 
生活介護のサービス管理責任者
( 介護福祉士国家試験 第32回(令和元年度) 総合問題 )

この過去問の解説(1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
ケアプラン(ここでいう介護予防サービス・支援計画書)は介護支援専門員(ケアマネジャー)が行います。
原則要介護1~5の方(在宅の場合)は居宅介護支援事業所、要支援1・2の方は地域包括支援センターが担当します。

1.×
訪問介護員は、介護予防サービス・支援計画書は作成しません。

2.×
生活支援コーディネーターは、地域の高齢者のニーズ把握やボランティア等のマッチングを行ないます。

3.○
要支援1~2の方の介護予防サービス・支援計画書の作成は地域包括支援センターが行います。

4.×
訪問介護事業所では介護予防サービス・支援計画書の作成は行ないません。

5.×
生活介護とは、障害福祉サービスの一つであり、介護保険サービスとは異なります。
65歳以上は基本的に障害福祉サービスより介護保険が優先になるためLさんは対象外です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。