過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) コミュニケーション技術 問38

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
介護職が申し送りで、利用者の状態を報告する時の発言として、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
「本日朝6時に少量の胃液を嘔吐した」
   2 .
「嘔吐したので、胃腸薬の服用が必要である」
   3 .
「気分が悪そうだったので、かわいそうに思った」
   4 .
「少しだけ嘔吐した」
   5 .
「嘔吐したが、排泄は順調であるため問題ないと思われる」
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) コミュニケーション技術 問38 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

42
正解は 1 です。

申し送りは、簡潔に必要な情報だけを伝える必要があります。
2・5のようにどういう処置が必要か、大丈夫なのかどうかは、看護師が判断する事である為、介護職が私見を述べる必要はありません。
3のように介護職の気持ちも申し送りには必要ありません。
4のようにあまりに情報が少なすぎるのも問題です。この場合選択肢1程度の情報は申し送るべきと言えます。

より詳細な状況を把握しているのなら、その後気分不快の訴えはあるのか、食欲はどうか、水分は摂取できているかなど、利用者の様子を伝えてもいいでしょう。
付箋メモを残すことが出来ます。
11
正解は 1 です。

利用者の状態報告には介護者の主観は必要ありません。緊急時は特に必要な情報のみを的確に伝え、指示を仰ぎます。持っている利用者の情報は、たくさん伝えたほうがより丁寧です。(水が飲める、言葉は話せる、意識の有無、バイタルなど)
8
正解は①です。
利用者の状態の報告は、起きた事実を正確に伝えることが大切です。
この場合、「日時」「嘔吐したこと」「嘔吐物の内容と量」を報告した①が適切となります。個人的な意見などは報告時には不要、自分なりの判断で情報を削ることは不適切です。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。