過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第24回(平成23年度) 認知症の理解 問79

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
Bさん(83歳、要介護2)は、妻(78歳)と二人暮らしである。3年前から物忘れが多くなり、 半年くらい前から一日中、何もしないですごすようになっている。最近では入浴を嫌がるほか、 日常生活全般に見守りや介助が必要になっており、失禁のためおむつを使用している。現在、訪問介護 を週2回利用しているが、妻は、最近疲れるようになってきたと訴えている。
Bさんが在宅での生活を続けるために当面必要とするものとして、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
認知症対応型通所介護
   2 .
認知症対応型共同生活介護
   3 .
通所リハビリテーション
   4 .
居宅療養管理指導
   5 .
特定施設入居者生活介護
( 介護福祉士国家試験 第24回(平成23年度) 認知症の理解 問79 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

76
正解は 1 です。

認知症対応型通所介護とは、認知症の利用者に対し、グループホームやデイサービスなどで、日常生活上の支援や、生活機能向上の為の機能訓練などのサービスを日帰りで提供する事を言います。

混同されやすいのですが、認知症対応型共同生活介護がグループホーム(に入所する事)で提供されるのに対し、認知症対応型通所介護はグループホームに限らず特別養護老人ホームやデイサービスセンターでも提供されるという点は押さえておきましょう。
付箋メモを残すことが出来ます。
33
問題文に「Bさんが在宅での生活を続けるために」とあるので、居宅サービスで自宅での日常生活を支援するものを選ばなければなりません。

認知症対応型共同生活介護と特定施設入居者生活介護は自宅ではなく、グループホームなどに入居する必要があるため、該当しません。

通所リハビリテーションは、機能訓練が中心、居宅療養管理は、医師や歯科医師などによる療養上の指導になり、食事や入浴などの日常生活支援とは異なります。
18
正解は1です。

在宅での生活を続けること、介護する妻の負担を軽減したいこと、対象者は物忘れと日常生活全般で見守り・介助が必要なこと。
これらの条件から、通所型で認知症対応のものが適切となります。

通所介護(デイサービス)は、生活の質の向上と介護する家族の負担軽減を目的としています。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。