過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第22回(平成21年度) 介護技術 問100を出題

問題

[ 設定等 ]
次の事例を読んで、問題について答えなさい。
【事例】
Gさん(85歳、女性)は、夫(88歳)との2人暮らしである。子供3人はいずれも独立して県外に住んでいる。3か月ほど前に玄関 先の段差につまずき転倒した。左大腿骨頚部骨折と診断され入院し、手術を受けた。その後の経過は順調で、車いすでの自走ができる までに回復した。何かにつかまれば2m程度なら歩行できる。ベッド横でポータブルトイレを使用して、一部介助で排泄している。食 事や衣服の着脱、歯磨きも座った状態であれば一人でできる。「家に帰り夫の食事をつくりたい」というGさんの強い要望で、退院し た。夫は「また転ぶのではないか」と思っている。退院前に、週2回の訪問介護サービスが計画された。

【問題】
次のうち、Gさんの退院時の要望を実現するための援助として、最も適切なものを一つ選びなさい。
   1 .
一人での歩行練習
   2 .
立ったままでの歯磨き
   3 .
車いすでの訪問介護員との調理
   4 .
普段着への着替え
   5 .
ポータブルトイレでの排泄
( 介護福祉士国家試験 第22回(平成21年度) 介護技術 問100 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
15
評価しない
正解は3です。
Gさんの退院時の希望は「夫の食事をつくりたい」でした。
これを叶えるためには、現時点では車椅子に乗ったままで調理を行う必要があり、それには訪問介護員の適切な介助が必要です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は3です。
夫の食事を作りたいと話すGさんが、自宅で調理を行うために援助することがもっとも適切です。
骨折後は、車椅子を使用しているので、調理しやすいよう対応することが大切になります。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は「3」です。
「家に帰り夫の食事を作りたい。」という明確なニーズがあるため、その実現のためにできる援助を行う事が適切です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。