過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問 第21回(平成20年度) リハビリテーション論 問22を出題

問題

[ 設定等 ]
次の記述のうち、廃用症候群に該当するものの組み合わせを一つ選びなさい。

A 変形性関節症
B 褥瘡
C 貧血
D 能力低下
   1 .
A B
   2 .
A C
   3 .
B C
   4 .
B D
   5 .
C D
( 介護福祉士国家試験 第21回(平成20年度) リハビリテーション論 問22 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
30
評価しない
正解は4です。
廃用症候群とは、寝たきりなどにより体を動かさないことによって骨がもろくなる、筋力低下、心肺機能の低下、床ずれ、認知症・抑うつなどの精神症状が現れるものをいいます。
変形性膝関節症と貧血は、もともと病気として存在しているものなので、廃用症候群とは関係ありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
長時間の寝たきりで起こる心身の低下を廃用症候群といいます。そして廃用症候群と関係のあるものはB褥瘡とD能力低下です。
介護職員として適度に体位交換を行うことや、声掛けを行うこと(気持ちの変化に繋がる可能性があるため)で予防にもなります。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
A ×…変形性関節症は、加齢などが原因で関節の形状が本来のものから変わってしまう疾患です。廃用症候群によって、生じるものではありません。

B ○…褥瘡は、主にベッド上で体の向きを変えずに長時間過ごすことで、体の一部に荷重がかかってその部位の血流が悪くなり、組織が壊死してしまう状態です。廃用症候群の代表的なもののひとつです。

C ×…貧血は、血液中のヘモグロビン濃度が低下した状態で、体に十分な酸素が行きわたらなくなってしまいます。病態の一つであり、廃用症候群には含まれません。

D ○…寝たきりや不活発な状態が続くと、歩けなくなるなど、もともとはできていた身体的な能力の低下を生じます。廃用症候群の一つです。


したがって、正しい組み合わせは「4」です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。